FC2ブログ

【2019大阪杯予想】

予想
G1に昇格してから3年目を迎える大阪杯だが、前身の産経大阪杯を含めた、過去10年のデータを使って予想
しているマスコミや他のブログが言っている事って、本当に信頼できるのか?と疑問に思う。
何が言いたいかって、有馬記念からの直行組の信頼度を、G2時代の大阪杯も含めて考えてしまうと、データとしての信憑性が薄いという事。
G2とG1を比べると、G1の方が出走してくるメンバーのレベルが格段に違うし、ハイレベルなメンバーだけに、道中のペースも速くなる可能性が高い。
今年1走もしてない馬が、そんなハイレベル戦の中で果たして通用するのか疑わしいし、それを調べるデータ、言い換えると大阪杯をG1として見るデータが過去2年分しかない事が焦点になってくる。
2017年にキタサンブラックが、有馬記念からの直行 で勝利したが、キタサンブラックは名馬中の名馬だし何より当時のレースは今年ほどメンバーレベルが高くなかった。
キタサンブラックの一例だけで、有馬記念からの直行が大丈夫と言ってしまうのは早計で、今後大阪杯が回を重ねて行くに連れ、わかってくる事だと思うのである。
それなのにマスコミは、休み明けの馬を追い切りだけで判断し、凄いタイムが出たとか、迫力のある動きをしたと、はやし立て不安要素には一切触れてこない。
昨今の世の中は情報過多の社会、そこには「真の情報」と「偽の情報」が混在する。真か偽を判断するのは読者に委ねられている。
現時点で有馬記念組の馬は上位人気になっているが、人気の馬で勝負にいって、結果裏切られた時の屈辱感及び後悔は半端ないものがある。
当ブログは有馬記念以来の出走馬が、調教だけで仕上がっているとは思っていない、いわゆる「偽」と判断してバッサリ切り捨てる事にする。



◎アルアイン
リピーターを狙う事は、穴馬券を取る手法の一つで、合理的だし最も簡単な方法。競争馬には激走しやすい舞台というものがある。昨年のレースで3着だったこの馬には阪神芝2000Mが合っている。
前走は急な騎手変更でノーカウントと言ってよい。乗り慣れたジョッキーを迎え入れて好走する可能性は高い。

◯エポカドーロ
枠順が決まってから買いたくなった一頭。
阪神芝2000Mは内枠有利の傾向があるし、この馬には先行力がある。前走は大事に乗りすぎた感があるので、今回は積極的にいってくれるという願いを込めて対抗に推した。

▲エアウィンザー
上記2頭より、枠が外になったので評価を下げた。
しかし、強い勝ち方をしたチャレンジCと同じ馬番なので、そんなに気にする事でもないし、チャレンジCと同じようなレース運びをすれば自ずと結果はついてくるはず。

△ステイフーリッシュ
京都新聞杯のパフォーマンスが、今でも目に焼き付いている。この馬は瞬発力勝負に弱いが、スピードの持続力は一級品。キセキが逃げて持続力勝負が予想される今回のレースは、この馬に持ってこいの展開になるだろう。ジョッキーの乗り替わりは痛いが、積極的なレース運びをすれば、馬券内に残る可能性は十分ある。

△ダンビュライト
大外枠に入ってしまったのは残念だが、阪神芝2000Mは1コーナーまでの距離が長いので、スタートさえ決まればポジション取りに間に合う。この馬もステイフーリッシュと同様に、スピードの持続力勝負が向いている
ベストバウトは昨年のAJCCで、この時は単騎先頭の馬から2、3馬身後ろを追走し、これが見事にハマった。今回はキセキが離して逃げれば、その展開がやって来るだけに、非常に気になる一頭である。

△ペルシアンナイト
アルアインと同じでリピーター狙いの一頭。
昨年よりも枠順が悪いので不安はあるが、デムーロは奇跡を起こすジョッキー。日本人ジョッキーは、キセキが逃げるプランAを決め打ってかかる事が多いが、デムーロの場合はキセキが出遅れるプランBにも素早く対応できる順応性がある。
昨年の大阪杯がいい例で、まさに神騎乗と言えるものだった。
ブラストワンピースと最後まで迷ったが、ジョッキー
込みで、この馬をピックアップした。




買い目
ワイドBOX
③-④-⑨-⑩
馬連BOX
③-④-⑨-⑩-⑭
三連複BOX
③-④-⑨-⑩-⑪-⑭


キセキは使っていきながら状態を上げていく馬だと思う。レース後のコメントで「久々の分、息がもたなかった」って言うんじゃないかと予想する(笑)
ブラストワンピースは「久々の分、いつもより反応が悪かった」って言いそう(笑)
何れのコメントも、ジョッキーが負けた時によく使う、
競馬あるある的なフレーズである。
強いて言えば、休み明けの馬達で怖いのはブラストワンピースか。この馬は体質が弱いせいで、今までは間隔を空けて大事に使われてきた。その競馬に慣れているこの馬は無難に対応してくるかもしれない。
果たして勝負の行方は如何に?

【勝負度B】


ブログランキング参加中です。
ポチッと応援宜しくお願いします🙇⤵
↓↓


三連単・三連複ランキング


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019ダービー卿CT予想】

【ダービー卿CT予想】

どうしても逃げたいマルターズアポジーが内枠に入ったので、出遅れさえなければ隊列はすんなり決まると思う。
隊列がすんなり決まると、思った程ペースは上がらない事が多い。従って逃げ、先行の馬達は道中のどこかで息をいれることが出来て、最後の直線もしぶとく粘れるのではないかと思う。それに加え、今週はBコースに替わるので前目、内目の馬には追い風となるだろう。
枠順を見て面白いと感じたのは、先行馬が1番から3番で綺麗に固まって、残りは外枠に入った事である。外枠に入った先行勢は、ポジションを取りにスタートしてからガシガシやると思うが、すんなりと先手を
取れそうな内枠勢と比べると分が悪いかな。予想の方は内枠の先行勢が中心で、先行勢が脱落した時の保険として、中枠までの差し馬を抑える事にする。



◎マルターズアポジー
昨年の同レースと比べると、かなり条件が好転したと思う。斤量は1キロ軽くなるし、枠も内に入った。
そして、ハナ争いの最大のライバルだったエイシンティンクルが外枠に入った事は、この馬にとって大きな意味を持つ
今回のレースは楽逃げが前提となるが、馬券内に入る可能性は高いと思う。

◯フィアーノロマーノ
ここ3走は1400Mだが、4走前は中山マイルを勝っているので、そんなに不安はないかな。
1400Mで楽にポジションを取れるスピードは、今回のレースで大きな武器になる。それと昨年2着のキャンベルジュニアと出走したレースは違えど臨戦過程が似ているところが面白いし、キャンベルと同じように、このレースで内枠に入った事は興味深いものがある。
仮にマルターズアポジーが馬群に沈んだとしても、次にこの馬がいる。先行勢期待の第二の矢として頑張って欲しい。

▲ジョーストリクトリ
先行勢第三の矢はこの馬にする。週はじめの考察でも書いたが、天気予報から判断して馬場悪化は望めそうもない。次にペースだが、前述した通りそんなに速いペースにはならないと思うので、やれるんじゃないかという判断に至った。
枠もいいので前走のように、しぶとく粘り込んで波乱を演出して欲しい。

△ロードクエスト
過去のレース傾向を見ていると、5枠の差し馬の活躍が目に付く。内枠の差しは馬群を捌くのに苦労するし、外枠の差しは外々を回らされるので、5枠ぐらいが丁度いい塩梅なのだろう。
この馬は中山マイルの実績もあるし、何より前走、前々走と好メンバー相手に善戦している所に好感が持てる。差し馬の一番手はこの馬だろう。

△ヒーズインラブ
どこかの記事で見たけど、この馬は中山マイルだと脚が溜まるらしい。昨年のレースは道中で脚を溜め、直線で進路ができると一気に突き抜けた。
昨年の勝ち以来、一年間馬券に絡んでいないので人気にはならないだろうが、前走は見せ場十分の5着と今回のレースに向けて状態を上げてきている。
ここはリピート狙いで、この馬をピックアップして
おく必要があると思う。

△ドーヴァー
前走は強い勝ち方をしたので、このレースでも狙いにいくが、ここまで評価が下がったのはジョッキーが昨年の同レースで今回と同じ馬番の一番人気を馬券外に飛ばしている事を思い出したからである。
内枠の差し馬には経済コースを通れるメリットに対し、直線で進路がなくなるというデメリットがある。
昨年のレースを思い出し、嫌な予感がしたので評価を下げたが、馬は強いので直線で進路があれば勝っても何ら不思議ではないと思っている。



買い目
ワイドBOX
①-②-③-⑩
馬連BOX
①-②-③-⑥-⑩
三連複BOX
①-②-③-④-⑥-⑩



①-②-③の先行3頭で馬連を期待、3着には差し馬が突っ込んでくる可能性があるので④-⑥-⑩を拾った。①-②-③の中で、果たして何頭が粘り込めるか注目したい。1頭くらいは粘れると思うのだが...結果は如何に?

【勝負度C】



ブログランキング参加中です。
ポチッと応援宜しくお願いします🙇⤵
↓↓


競馬ランキング


三連単・三連複ランキング



テーマ : 中央競馬重賞予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019ダービー卿CT考察】

【レース傾向】

阪神競馬場と一緒で中山も今週からBコースを使用。コース替わりは前目、内目を狙うのが鉄則で、外を回す差し馬は不発に終わる可能性が高い。
そもそも中山芝1600Mは外枠不利が定説だが、過去のレース結果を見ると全く外枠が絡んでないという訳ではない。しかし、馬券に絡んだ馬の脚質に注目すると、その多くは先行型だった。この傾向から言えることは、外枠に入った差し馬は高確率で馬券外に飛ぶという事である。
今年の登録メンバーを見渡すと、人気どころは差しタイプの馬ばかり、外枠に入ったらバッサリ切るのも一考かと思う





買える穴馬【想定単勝オッズ10倍以上】

・ドーヴァー
前走が強い内容だった。中山マイルで3馬身千切る事はなかなか見られない。ひょっとしたら覚醒したのかもしれない。前走は最終コーナーで7番手をキープできた事も評価していいと思う。中山マイル
は後ろすぎると届かないからね。
ハイペースになったら、今回も突き抜ける可能性が
高いと思う。非常に期待できる一頭である。


・ジョーストリクトリ
ダービー卿CTは東風S組と相性がいい。前走の勝ちがフロック視されて、再び人気がないなら買わない手はないかな。3歳時に今回と同舞台のニュージーランドTを勝っているように、中山マイルの適性は高い。ただ、この馬は高速決着よりも時計がかかる方が合うと思う。土曜日の天気予報に傘マークがついたので急浮上してきた一頭。できれば稍重以上の馬場が理想だと思うし、ペースもそんなに速くならない方がいいかな。激走するのに色々と注文がつくが、人気もなさそうなので面白いんじゃないかな。


危険な人気馬【想定単勝オッズ10倍未満】

・ダイワキャグニー
そもそもこの馬は典型的なサウスポー。過去のレース結果が物語っている。前走で3着だから右回りを克服したと考えるのは早計で、展開がハマった可能性が大いにある。何故なら、前走は一番人気のカツジが無謀な捲りを仕掛けた為に、後方で我慢していたこの馬にお誂え向きの展開となったからである。
今回はジョッキーが替わり、どういう競馬を仕掛けてくるか読めないところはあるが、安易にこの馬に手を出すのは止めておいた方がいいと思う。


ブログランキング参加中です。
ポチッと応援宜しくお願いします🙇⤵
↓↓


三連単・三連複ランキング


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019大阪杯考察】

【レース傾向】

G1に昇格してから今年で3回目になるが、前身の産経大阪杯から一貫してBコースで行われるのが特徴の一つである。コース替わりは前目、内目を狙うのが鉄則で、外を回す差し馬は不発に終わる可能性が高い。そういう意味では、当ブログの趣旨と合致しているので逃げ、先行、内枠で攻めの予想をしたいと思う。
今年はキセキという強力な逃げ馬が出走してくるので、勝ち時計は1分57秒台に入ってくるかも。従って2000Mの持ちタイムは、予想をする上で重要なファクターに成り得るだろう。




買える穴馬【想定単勝オッズ10倍以上】

・エアウィンザー
前走は中盤が緩みすぎて上がり3F勝負になったので、この馬にとってはアンラッキーだった。
それに対し、前々走のチャレンジCはペースが緩まなかった事で、この馬の適性をフルに生かせたレースとなった。結果として2着に3馬身差という強い勝ち方ができたのである。
今回のレースでキセキが淀みないペースで逃げれば、
この馬にとって絶好の展開になる事が予想される。


・アルアイン
皐月賞を1分57秒台で勝っているのは、このメンバーの中でも胸を張れる。
前走はスタートで出負けして、流れに乗れないまま終わってしまった。内枠を引いてスムーズに先行できれば、巻き返しは可能。


危険な人気馬【想定単勝オッズ10倍未満】

・ワグネリアン
ハイペースの皐月賞で1番人気を裏切った事から、この馬は、どちからというとディープ産に多くいるスロー専用機である可能性が高いと思う。今年のレースはスローになりそうもないので、少し厳しいかな。
そして、去年の神戸新聞杯以来の出走で、間隔が
空いているのは不安材料
である。


ブログランキング参加中です。
ポチッと応援宜しくお願いします🙇⤵
↓↓


競馬ランキング


三連単・三連複ランキング

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019毎日杯レース回顧】

【レース回顧】
馬場の読みが全然当たっていなくて、かなり軽いものになっていた。こうなってくると、キレるディープ産が上位に来たのも納得がいく。キレないディープ産のダノンテイオーとルモンドは好位にいながらズルズルと後退し、7着と8着を争うような始末。全然ダメダメな予想だったが、大外に入ったヴァンドギャルドを危険視したのは正解だったかな。結果的には滑り込みセーフで3着に入ったが、やはり抜けた能力を持っていない人気馬が大外に入ると怪しい。
当ブログは大外枠でも過剰人気している馬はバッサリ切る事にしている。今後もこの予想スタイルを変えないで高配当を取りに行く姿勢を貫くことにする。

・ランスオブプラーナ
番手に位置したダノンテイオーが絡まなかった事で、今回も楽な展開で逃げる事ができた。楽逃げができると、この馬は直線でしぶとく粘る。次走は皐月賞かNHKマイルCのようだが、どちらに出ても楽逃げはできそうにないので次は厳しいかな。
この馬が狙えるのは、スローペースになりやすいダービーだと思うダービーの頃には人気も落ちているだろうし、激走馬として温めておく事にする。

・ウーリリ
スタートは良くなかったが、内枠だった事が幸いして楽にポジションを取れる。直線ではダノンテイオーが邪魔になって少し待たされるが、進路が出来てからはスパッと切れて2着に食い込む。血統で人気している馬をバッサリ切るのは回収率を上げるための戦略だから、この馬を外したのはやむ
を得ないのだが、内枠に入った以上、抑えとく必要はあったかな。現に、この馬が2着に入れたのは内枠の恩恵がかなり大きい。しかし、内枠の恩恵で好走した馬が次のレースで外枠に入った場合、飛ぶ確率が高い。次は京都新聞杯になるかもしれないが、外枠に入ったら要注意である。

・ヴァンドギャルド
スタートはまずまずだが、二の足が遅く後方からの競馬となる。内の馬が残る展開で、最終コーナーで外を回すロスは大きく、差し届かずの3着で終わる。
やはり外枠の差し馬はペースが流れないと厳しいね。それでも直線だけで3着まで来たのだから力はある。 きさらぎ賞で人気を裏切った汚名は返上できたと思うが、今後も多頭数のレースでは差し届かずの展開を考慮する必要があり、悩ましい馬になりそうだ。

・ケイデンスコール
朝日杯では出負けしたが、今回はスタートを決める。溜める競馬をしたかったので、ポジションをじりじりと下げていく。最終コーナーではインを選択したが、途中で進路が空かないと思ったのか、外へカニ移動する。そこで見つけた進路を鋭く伸びてきたが、外から勢いをつけてきたヴァンドギャルドに交わされ4着となる。
う~ん...直線で進路に迷いがなければ3着はあったと思う。ちょっともったいない競馬だったかな。まあNHKマイルCで買いたいと思っていたから、4着ぐらいなら人気にならくて済むと思うので、ここは前向きに捉えたい。

ブログランキング参加中です。
ポチッと応援宜しくお願いします🙇⤵
↓↓


三連単・三連複ランキング


競馬ランキング

テーマ : 競馬の予想結果 - ジャンル : ギャンブル

877危険な人気馬【マーメイドS】
876危険な人気馬【マーメイドS】
875買える穴馬【マーメイドS】
874買える穴馬【マーメイドS】
873渾身の一鞍【エプソムC】
872ゲリラ予想【函館スプリントS】
871ゲリラ予想【ジューンS】
870ゲリラ予想【大倉山特別】
867買える穴馬2【エプソムC】
866買える穴馬【エプソムC】
865ゲリラ予想【安田記念】
864ゲリラ予想【麦秋S】
863ゲリラ予想【アハルテケS】
860買える穴馬【安田記念】
フリーエリア