FC2ブログ

【連続的中継続中】【2019 マイルチャンピオンシップ 考察1】


マイルチャンピオンシップ レース傾向

今年のマイルチャンピオンシップは確固たる逃げ馬が不在の為、何やら不穏な空気が漂っている。

強いて言うなら、マイスタイルやグァンチャーレ辺りが逃げる気もするが、この2頭は鞍上が変に色気を持っているので、積極的にペースを上げてこないと思われる。

仮に、この展開予想がドンピシャだった場合、前半の半マイルは47秒台に突入してくるだろう。47秒台だとG1としては非常に遅いペースなんだけど、実を言うと昨年の同レースも47秒台だった事は興味深い。

【2018年 マイルチャンピオンシップ】

昨年の結果は↑ご覧の通り、内枠スタートから内を立ち回った馬のワンツースリーで決着し、4着5着は後方で脚を溜めていた馬だった。


従って、穴で狙えそうなのは前に行く馬と内枠に入った馬で当然と言えば当然だが、面白そうなのは後方から進める馬である。


昨年の4着馬カツジは、あわよくば3着をも狙える脚色だったからである。

何で後方待機の馬を狙うかというと、スローペースになると馬群が凝縮するので、中途半端な位置にいる差し馬は勝負所で四方八方を囲まれてしまうからである。


昨年の1番人気モズアスコットなんかは、進路確保に手間取ってアクセルを吹かす事が出来なかった上での敗退であった。

以上の事から、前述した通りスローで流れそうな今年のマイルチャンピオンシップは、どうも一筋縄ではいかないような気がするのである。




買える穴馬【予想単勝オッズ10倍以上】


中央競馬ランキング
↑↓競馬ブログランキングの紹介欄にて公表しています。中央競馬ランキングの90位前後におりますのでどうぞご覧くださいm(__)m↓↓



この馬は2歳G1で先行して結果を出したもんだから、しばらくは先行策を続けてたけど、流石に限界を感じてか、一転して待機策を取るようになった。


脚質転換した初戦は見事にハマったが、ここ2戦はジョッキーのダメ騎乗もあって不発に終わっている。

【2018年 富士S(G3)】

特に前走↑は最終コーナーで外に出す予定だったんだろうけど、2着馬に蓋をされてしまい仕方なく馬群の方に進んで行く。

こうなってしまうと、当然進路なんかある訳もなく、前が壁になってまともに追える状況ではなかった。

結果は脚を余し気味の4着となり、非常に勿体ないレースとなってしまった。


今回のレースではジョッキーも替わる事から、心機一転で追い込み策に専念して欲しいし、昨年のカツジが16番人気にも関わらず、あれだけやれたのだから、スローのマイル戦は何が起きるか分からない。

しかも、前走の2着馬と比べて実力的には大して変わらないのに、今回は人気の差がかなり激しい


だから、お買い得な馬である事は間違いないと思うし、展開次第では馬券内に突っ込んでくる可能性は十分あると考えている。

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【連続的中継続中】【2019 マイルチャンピオンシップ 考察2】

マイルチャンピオンシップ 考察2



買える穴馬その2【予想単勝オッズ10倍以上】


中央競馬ランキング
↑↓競馬ブログランキングの紹介欄にて公表しています。中央競馬ランキングの90位前後におりますのでどうぞご覧くださいm(__)m↓↓



昨日は後方待機の穴馬を推奨したが、今日は一転して前からレースを進めそうな穴馬を紹介したい。


先日行われたエリザベス女王杯では、クロコスミアが早仕掛けで見事に後続を出し抜いたのは記憶に新しい。

今回の推奨穴馬に乗るジョッキーが、この後続出し抜き作戦に刺激を受けていれば、パクってくる可能性は高いかな。


幸いにも今回のマイルチャンピオンシップは、確固たる逃げ馬がいないので坂の頂上まではゆっくり行けそうな事は都合が良い。

あとは人気薄の前残りを警戒する立場にあるダノンプレミアムのレース運びがポイントとなってくるけど、1番人気が予想されるだけに早めに動くと後続の目標にされてしまうので、前を追いかけない可能性が高いかな。


このパターンはエリザベス女王杯と全く同じだけど、1番人気の馬に乗るジョッキーは惨敗を避けたいという心理が働いて、どうしても消極的になるからね。

従って、今回のレースは前を行く馬の何頭かに穴気配を感じるが、中でも筆頭候補はこの馬だと思っている。

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【連続的中継続中】【2019 マイルチャンピオンシップ 考察3】

マイルチャンピオンシップ 考察3

危険な人気馬その1【予想単勝オッズ10倍未満】


中央競馬ランキング
↑↓競馬ブログランキングの紹介欄にて公表しています。中央競馬ランキングの110位前後におりますのでどうぞご覧くださいm(__)m↓↓


距離順位
2歳新馬16001
3歳500万下1600㍍4
3歳500万下1400㍍1
月岡温泉特別(1000下)1600㍍2
外房特別(1000下)1600㍍3
三鷹特別(1000下)1400㍍2
祇園特別(1000下)1400㍍1
斑鳩S(1600下)1400㍍1
ダービー卿チャレンジ(G3)1600㍍4
安土城S(L)1400㍍1
毎日放送賞スワンS(G2)1400㍍1


マイルチャンピオンシップは中距離馬が結構活躍しているレースなので、二千メートル前後の実績がある人気馬は比較的信頼できる

しかし、今回の危険馬は中距離実績どころか、マイル戦での実績も乏しい。

マイル戦での勝利は、何と新馬戦まで遡らなければならない。


血統的に見ても父の産駒は短距離志向が強いし、母の母が日本で走っていたけど、スプリント戦に出走していた事を考えると、やっぱりマイルは微妙に長いんじゃないかな。


本来なら、この手の馬は人気にならないんだけど、外人ジョッキーの中でもABCを通り越したSランクのジョッキーが乗るのでバブル的なオッズになるのかもしれない。


先日のエリザベス女王杯は、そもそもポテンシャルが高い馬に乗っての結果なので、何でもかんでも馬券内に持ってきてくれるという今の風潮には警鐘を鳴らしたいかな。

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【連続的中継続中】【2019 マイルチャンピオンシップ 考察4】

マイルチャンピオンシップ 考察4

危険な人気馬その2【予想単勝オッズ10倍未満】


中央競馬ランキング
↑↓競馬ブログランキングの紹介欄にて公表しています。中央競馬ランキングの110位前後におりますのでどうぞご覧くださいm(__)m↓↓


どう考えてもジョッキーで過剰人気している感があるかな。

この馬の好走パターンは、内枠から先行してロスなく立ち回ってから粘り込むものなので、中枠に入ってしまった事はマイナス材料でしかない。



それと、ディープインパクト産駒の5歳秋は能力的に陰りが見えてくる頃で、前走の大敗はそのサインだと思って良いだろう。↓



実績問題、大敗した馬を現在の予想オッズで買える訳もなく、あまりにもリスクが大きすぎる。

基本的に競馬というものは、前走で勝ち馬から1秒以上離された馬は諦めた方が良い

それをあえて狙う馬券戦術もある事にはあるが、単勝二桁クラスまで人気が落ちないと手を出さない方が利口だろう。

まあ、予想オッズの段階だから当てにはならないけど、実際のオッズで単勝一桁だったら消しで、二桁の場合は考えてもいいかなというスタンスで良いだろう。

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019 マイルチャンピオンシップ 直前予想】

【マイルチャンピオンシップ 直前予想】


↓中央競馬ランキング参加中です。ポチっと応援宜しくお願い致します。m(__)m


【ウマ太郎の勝負度[B]


逃げ候補のマイスタイルとグァンチャーレが内枠を引いて、しかも隣同士と益々不穏な空気が漂ってきた。


この2頭が牽制し合うとドスローも考えられるので、折り合いを欠く馬が必ずと言っていいほど出てくるだろう。

最悪の場合、今年のマイラーズCのような糞レースになる事も想定しておいた方がいいかもしれない


逃げ候補の2頭に乗るジョッキーがどこで仕掛けるかがポイントとなってくると思うけど、何れにせよ前に行った馬の粘り込みと、インを突けそうな差し馬を狙う事になるのだろう。


◎②グァンチャーレ

正直な所、神騎乗は期待出来ないジョッキーだけど、スローからの4F戦もしくは3F戦のどちらに転んでも対応してくる馬である。

京都コースは得意としているし、一発の可能性は十分秘めていると思っている。


◯⑭ダノンプレミアム

自由に動ける外枠に入った事はプラスに考えたい。

逃げる事はないだろうけど、番手は狙ってくるかもしれない。

あとは仕掛けのタイミングだけだと思うけど、あんまり前を行く馬をかわいがり過ぎると、出し抜かれる可能性もある。

そういう意味では難しい立場の馬だけど、スローに流れたら1番馬券内に入る期待値が高い一頭でもある。


▲①ダノンキングリー

前走みたいに出遅れたら即終了だけど、基本的には好位でレースが出来る馬なので切る訳にはいかなかった。

昨年のマイルチャンピオンシップもそうだけど、スローで流れたら圧倒的に内枠の好位勢が有利である。

高配当を求めるなら出遅れて飛んで欲しいけど、スタートが決まった場合は馬券内に入る可能性はかなり高い。


本音としては飛んで欲しいんだけど、前走以外は理想的なポジションで競馬が出来ているので、怖い一頭である事は間違いない。


△③マイスタイル

スローからの4F戦になるか3F戦になるかは、正直な所分からない。

この馬の場合は3F戦になった方が都合が良くて、ダービーの時もあわよくば馬券内という見せ場があった。

総合力はグァンチャーレの方が上だけど、何が起こるか分からないのが競馬なので、抑えておく必要があるだろう。


△⑦ペルシアンナイト

クロコスミアが3年連続の馬券内はあると教えてくれたばかりなので、切るに切れなくなった。

マーフィー騎手は積極策が売りなので、スローに流れそうな今回のレースは見事にハマりそうな予感がする。


京都のマイルは適性面で合っていると思うので、ここは侮らない方がいいかな


△⑨クリノガウディー

スローペースになると、中途半端な位置にいる馬は折り合いを欠く可能性が高い。

むしろ後方にいる方が掛からないのも競馬の面白い所である。


そういう意味ではレイエンダも後方から進めそうで狙いたい所なんだけど、外枠に入ってしまったのでイン突きは厳しいと判断した。

クリノガウディーの方が人気もない事から、大胆な騎乗が可能だと思うし、ハマれば3着ぐらいは拾えると考え、最後の最後でピックアップしてみた。



【買い目】
ワイドBOX
①-②-③-⑭
馬連BOX
①-②-③-⑦-⑭
三連複BOX
①-②-③-⑦-⑨-⑭



人気の一角インディチャンプは内枠を引いたから怖いんだけど、スローだと掛かる可能性があるし、仕掛けの遅いヨーイドンの競馬は向いてない。


それと、F永ジョッキーとのコンビで成り上がってきただけに、乗り替わりは大きなマイナス材料だと思う。


まあ、今回のレースはスローに流れる事を決め打っての予想だけど、ノーザンの馬を勝たせるために人気のない馬がラビットとなってハイペースを作り出したら、木っ端微塵の予想となるのも事実である。

その可能性は低いと思っての狙いだけど、競馬は何が起こるか分からないからね。

スローに流れてくれる事を祈るばかりである。

果たして結果は如何に?

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019 マイルチャンピオンシップ さらっとレース回顧】

【マイルチャンピオンシップ】
[さらっとレース回顧!!]




ブログランキング参加中です。
ポチッと応援宜しくお願いします🙇⤵
↓↓

中央競馬ランキング


終わってみれば今回のG1も平穏な決着で、穴党には出番がないものとなってしまった。


スタートしてすぐにインディチャンプが4、5番手に位置した時点で外れを確信してしまった。

しかし、この馬は想像以上に強い競馬で、あのダノンプレミアムを一瞬で突き放したからね。

しばらくはマイル界の王者として君臨しそうである。

負けたダノンプレミアムは結果論だけど、もう少し早めのレースメイクが必要だった。

道中も番手まで押し上げても良かったと思うし、ちょっと消極的な騎乗に見えた。


まあ、課題が見つかっただけに、展開一つでインディチャンプを逆転する事は出来ると思う。


3着のペルシアンナイトは今年のレースで馬券内に入ってなかったけど、ここで復活するとは京都コースとの相性が抜群なのだろう。


それに対し5着のダノンキングリーは京都が初めてだったし、思ったほど伸びなかったのは内の馬場が良くなかったのであろう。

直線の外目に出した1着2着の馬は良く伸びていたからね。


それにしてもノーザンファームの馬は、秋華賞からG1を5連勝で本当に凄いと思う。

今回は1番人気と2番人気が非ノーザンの馬だけに、流石に厳しいと考えていたけど、蓋を開けてみればインディチャンプの楽勝だったからね。

当ブログは3連単のフォーメーションは買ってないけど、もしやるんだったら1着の所にノーザンの馬を配置しておけば、第一関門は簡単にクリア出来ることになる。

そう考えると、意外と当たる可能性が高いような気がするので、来年以降でフォーメーションをやるかどうかを検討したいと思っている。

テーマ : 競馬の予想結果 - ジャンル : ギャンブル

877危険な人気馬【マーメイドS】
876危険な人気馬【マーメイドS】
875買える穴馬【マーメイドS】
874買える穴馬【マーメイドS】
873渾身の一鞍【エプソムC】
872ゲリラ予想【函館スプリントS】
871ゲリラ予想【ジューンS】
870ゲリラ予想【大倉山特別】
867買える穴馬2【エプソムC】
866買える穴馬【エプソムC】
865ゲリラ予想【安田記念】
864ゲリラ予想【麦秋S】
863ゲリラ予想【アハルテケS】
860買える穴馬【安田記念】
フリーエリア