FC2ブログ

【2019 天皇賞(秋) 考察1】


【天皇賞(秋)のレース傾向】

今年の天皇賞(秋)は9戦7勝のアーモンドアイと6戦5勝のサートゥルナーリアが大きく人気を集め、2強対決の様相を呈している。


一競馬ファンとして見る分には非常に楽しいのだが、馬券となるとこの2頭のワンツーで決着したら、目も当てられない状況になるだろう。

しかし、2強対決はどちらか一方が馬群に沈む事は結構あるし、何より競馬に絶対はないからね。

実際問題、今年の安田記念でアーモンドアイはスタート直後に不利を受けた事が原因で、3着に敗れているのも事実である。


従って、この2強に替わる穴候補を探す必要があって、それはもちろん過去の天皇賞の結果にヒントが隠されている。

それは何かというと、差し追い込み馬が穴を開けるケースが多いという事である。

何故なら、基本的に人気の馬は、直線で進路が無くなる前に早仕掛けをして、そのまま押し切ろうとする傾向があって、そこを無欲の人気薄である差し追い込み馬に足元をすくわれてしまうという構図である。



・2014年 天皇賞(秋)

↑2014年のレースがいい例で、1、2番人気のワンツーで決まると思いきや、外から伏兵のスピルバーグが飛んできて差し切られてしまったのである。

まあ、こういう結果になってしまうのは人気馬の宿命だから仕方がないのだが、競馬においてはこのような現象が往々にして起きる。

だから、今年のレースだってもちろん起爆剤を仕込む必要があるし、1円でも高い配当を目指して週末までには結論を出したいと考えている。



買える穴馬【予想単勝オッズ10倍以上】


中央競馬ランキング
↑↓競馬ブログランキングの紹介欄にて公表しています。中央競馬ランキングの130位前後におりますのでどうぞご覧くださいm(__)m↓↓



昨年の天皇賞は1着から4着までを、4歳馬が占めた。

一般的にサラブレッドのピークは4歳と言われるので、今回の穴馬はまさに今が旬である。


前走はG3戦のため、G1では敷居が高いと思われるかもしれないが、競走馬は急に強くなる瞬間があるので、前走からの上昇度を加味すれば、2強に対して勝るとも劣らないだろう。


それと、この馬は左回りに滅法強くて、3戦3勝という実績を残しているのも心強い材料である。

更には、立ち回りの上手い馬なので、4コーナーでインを突いて直線で上手く外に出せれば、強力馬に一泡吹かせる事も可能である。


そういう意味では是非とも内枠に入りたいし、鞍上がイン突きの名手だけに期待値は高いかな。

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019 天皇賞(秋) 考察2】

天皇賞(秋)考察2

危険な人気馬【予想単勝オッズ10倍未満】


中央競馬ランキング
↑↓競馬ブログランキングの紹介欄にて公表しています。中央競馬ランキングの110位前後におりますのでどうぞご覧くださいm(__)m↓↓


この馬はスローからの上がり勝負には滅法強いんだけど、ペースが流れるとどうなるかは未知数である。

だから、前走で化けの皮が剥がれると思ったが、スタート直後に不利を受けてしまって、白黒がつかないまま天皇賞を迎える事となった。


2歳時にペースが流れた重賞で結果を出してはいるが、あれはマイル戦だからね。


今回のレースはアエロリットが出てくるから、スローペースになる事は考えにくいし、この馬にとっては非常に厄介な展開になると予想できる。


それと、ノーザンの馬ではないから、ぶっつけでレースに挑むのは心許ない

そう考えると、前哨戦を使わなかった事はマイナス要因であると言えよう。


レース当日に、どこまで人気になるかは分からないが、単勝一桁台になるようだったら、リスクが大きい割には見返りが少ないので、バッサリ切った方が得策だと思う。

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019 天皇賞(秋) 直前予想】

【2019 天皇賞(秋) 直前予想】


↓中央競馬ランキング参加中です。ポチっと応援宜しくお願い致します。m(__)m


【ウマ太郎の勝負度[D]


今年の東京競馬場の芝コースは、雨が降っても恐ろしいぐらいに回復が早い。

だから、レース当日はパンパンの良馬場とは言えなくても、それなりの高速馬場にはなっていると思う。

それに加えて、今週からBコースを使用するので、内が断然有利と考えていいだろう。


展開予想だけど、アエロリットが好枠を引いたので逃げる事になるだろうが、流石に二千メートル戦だと安田記念のようにぶっ飛ばすとは思えない。

具体的に言うと、千メートル通過は59秒前後に落としてくるんじゃないかな。

ただし、スローの直線勝負になってしまうと分が悪いので、仕掛けを早めにする、いわゆるロングスパート戦に持っていくと予想する。

こういう展開になると、圧倒的に前目内目が有利となるので、その要素を盛り込んだ馬選びになるだろう。


◎②アーモンドアイ

この馬には逆らっちゃいけない。。。

安田記念では不利を受けて3着に沈んだが、あれはレアケースだからね。

内枠に入ったので、恐らく今回はジャパンカップのようなレース運びをしてくると思う。

あとは力でねじ伏せる事が出来るかどうかだが、今週からBコースに変わった事が追い風となる。

まあ、出遅れない限り、現役最強馬としてのパフォーマンスを見せつけられる事になるだろう。


◯⑤アエロリット

T崎ジョッキーとこの馬は相性がいいので、期待してもいいだろう。

スローの上がり勝負に弱い事は重々承知しているだろうから、仕掛けを早めにして粘り込む戦法を取ってくると考えられる。

そんな状況の中で、この馬にもBコース変わりがプラスに作用しそう。

しぶとく粘る馬なので、アーモンドアイを脅かす存在になるだろう。


▲⑥ユーキャンスマイル

イン突きが出来る枠に入ったので、狙う必要があるだろう。

今回のレースは前目内目が有利になると予想しているので、外を回す馬達には出番がないと思っている。

そう考えると、差し馬は内を立ち回る必要があって、このジョッキーなら如何にもやってくれそうな期待感はある。

従って、一発を狙うなら、この馬だと思ってよいだろう。


△④スワーヴリチャード

曲者のジョッキーが乗るから、何か不気味な存在である。

昨年の天皇賞はスタートしてすぐに終わってしまったから、府中の二千に適性があるかどうかは分からない。

でも、ジャパンカップや安田記念の走りを見れば分かると思うが、府中のレースでは好位で競馬が出来ている。

そして、この馬も内枠に入ったアドバンテージは大きいと思うので、期待せずにはいられないかな。


お願いだからポツンはやめてね。。。好位で進められれば、自ずと結果はついてくるはずである。

△⑩サートゥルナーリア

この馬もダノンプレミアムと同じで、スローからの上がり勝負だと滅法強いと思う。

だけど、今回はそのような展開になるとは思えないので、この辺りの評価が妥当かな。

スミヨンマジックが炸裂する可能性はなくもないが、アーモンドに比べれば不安要素が多いので、飛ぶとしたらこちらの馬という見立てである。



【買い目】
ワイドBOX
②-⑤-⑥
馬連BOX
②-④-⑤-⑥
三連複BOX
②-④-⑤-⑥-⑩



人気のワグネリアンは外枠に入ったから嫌いたい。

スタートしてから勇気をもって出して行けばチャンスはあると思うけど、F永ジョッキーの事だから溜めて着狙いのような気がする

今回も指定席の4着が濃厚か。


ダノンプレミアムは考察で指摘した通り、スローからの上がり勝負になりそうもないので、バッサリ切っていいと思う。

まあ、今年の天皇賞は前目内目の馬が明らかに有利である。

だから、中波乱ぐらいは期待出来ると思うけど、ポイントとなってくるのはサートゥルナーリアが本当に強いかどうかに尽きると思う。


前走の神戸新聞杯はドスローすぎて参考にならない。

この一戦で真価が問われるかな。

本当に化け物クラスの馬なら、出遅れたダービーも勝っていたと思うので、そこに付け入る隙があるのではなかろうか。

果たして結果は如何に?

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【ワイド的中】【2019 天皇賞(秋) さらっとレース回顧】

【天皇賞(秋) さらっとレース回顧!!】




ブログランキング参加中です。
ポチッと応援宜しくお願いします🙇⤵
↓↓

中央競馬ランキング


2強対決はどちらかが馬群に沈むという競馬あるあるは、令和の時代になっても当てはまるものである。

しかし、この競馬あるあるは単なるオカルトではなくて、ちゃんとした原因がある事を今回のレースで証明してくれた


それは何故かというと、スタートで出負けしたサートゥルナーリアがアーモンドアイを意識しすぎて、強引にポジションを取りに行った事に尽きると思う。

このレース運びで馬がエキサイトした為、最後の直線では余力が残っていなかったという事である。


ただ、アーモンドアイに真っ向勝負を挑んだスミヨンの騎乗は賞賛に値するし、このような事は日本人ジョッキーだとビビって出来ないと思う。


そういう意味では、今年の天皇賞は非常に見応えのあるレースだったと言えよう。


勝ったアーモンドアイは、内枠スタートから内々を立ち回って、1番ロスのないレース運びをした。

現役最強馬にこれをやられてしまうと、突き抜けるのは当然で、仮に大外枠スタートでも勝ったんじゃないかと思わせる程、他のメンバーと比べて力の差は歴然だった。


2着のダノンプレミアムは千メートル通過が59秒なら、パフォーマンスを発揮できるという事で、展開予想の時点でアエロリットが59秒前後で逃げると言っておきながら、この馬を切ってしまった事は非常に悔やまれる。

予想が軽率だった事を素直に反省したいと思っている。


3着のアエロリットは、T崎ジョッキーがほぼ完璧にエスコートした。

千メートル通過はややゆっくりで、瞬発力勝負にならないよう早めに仕掛ける事が出来た。

だから、力は出し切ったと考えられるし、今回は相手が悪かったという事だろう。


4着のユーキャンスマイルは、最後は凄い脚で伸びてきたけど、馬券内に入らないんじゃね。。。もう少し前目で競馬が出来ていれば、可能性はあっただけに残念である。


5着のワグネリアンだけど、やはりF永騎手はギャンブル的騎乗をしてこなかったし、最後の最後でユーキャンスマイルに差されて、指定席の4着にも入れなかった。


F永騎手のこういう姿を見ると、やはりスミヨンは偉大な人だと分かるし、我々競馬ファンとしては力と力のぶつかり合いを見たいと思っているので、ちょっと残念だったかな。


残念と言えば7着のスワーヴリチャードで、横山ジョッキーなら奇策があると期待していたけど、普通に乗って普通に終わってしまった感がある。


どこかの掲示板で見たけど、横山騎手はノーザンの有力馬だと無難に乗ってしまうという書き込みがあった。

なるほど、これは強ち間違いではないと思ったし、これからは過度な期待をかけないように注意したい。

それと、このスワーヴは5歳の秋を迎えて、能力に陰りが見えてきたと思う。

昨年の天皇賞は1着から4着までが4歳馬で、今年の天皇賞もアエロリット以外は、全て4歳馬が入着しているという事実を重く受け止めて、来年からはこの要素を予想に盛り込んでいく必要があると感じた一戦だった。

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

877危険な人気馬【マーメイドS】
876危険な人気馬【マーメイドS】
875買える穴馬【マーメイドS】
874買える穴馬【マーメイドS】
873渾身の一鞍【エプソムC】
872ゲリラ予想【函館スプリントS】
871ゲリラ予想【ジューンS】
870ゲリラ予想【大倉山特別】
867買える穴馬2【エプソムC】
866買える穴馬【エプソムC】
865ゲリラ予想【安田記念】
864ゲリラ予想【麦秋S】
863ゲリラ予想【アハルテケS】
860買える穴馬【安田記念】
フリーエリア