FC2ブログ

【2019 菊花賞 考察1】


【菊花賞のレース傾向】

今年の菊花賞は先日行われた秋華賞と同じで、クラシックウイナーが不在の一戦となる。

もう、この時点で中波乱以上が約束されたようなものであると言っても過言ではないかな。
だから、怪しい人気馬には騙されないよう、週末までにしっかりと見極めたいと考えている。


菊花賞の傾向だが、勝ち馬に関して言えば勝負できるポジションに居ないと話にならない

具体的に言うと、4コーナーでは中団より前にいる事が望ましい。それ故、本命にする馬はポジションを取れる馬でほぼ間違いない。

昨年の菊花賞は空前絶後のドスロー戦となり、3000Mの争いではなく、単純な400M競争になってしまった事は記憶に新しい。


今年はそんな醜い展開にならないようリオンリオンに期待していたけれど、これが何とまさかの出走回避となった。

従って、レースメイクできる馬およびジョッキーが不在の為、今年も結局スロー戦になる事が濃厚である。

あとは、どの時点でスパートが始まるかどうかで、レースの質は大きく変わってくる。
昨年のようにラスト400Mから動き出すのか、それともラスト600Mか、そしてまさかのラスト800Mからのロングスパート戦だってあるかもしれない。

この3パターンの仕掛けの中で、どれか一つにヤマを張らないと狙うべき馬が絞りに絞りきれないのである。


従って、この辺りの要素は、週末までに陣営のコメントなども考慮して慎重に精査する必要があるだろう。


買える穴馬【予想単勝オッズ10倍以上】


中央競馬ランキング
↑↓競馬ブログランキングの紹介欄にて公表しています。中央競馬ランキングの130位前後におりますのでどうぞご覧くださいm(__)m↓↓



菊花賞は神戸新聞杯組を狙うのが王道だけど、穴を開けるのは条件戦から参戦してきた馬である。

この馬の前走は菊花賞と非常に相性のいいレースで、それを圧勝してきたんだから狙いたくなるのは当然である。

ただ、心配なのは父親が現役時代に菊花賞を取りこぼしているのと、その産駒が菊花賞に縁がない事である。


しかし、ディープインパクトとキングカメハメハが亡くなった今では、この産駒が今後の競馬界を牛耳るような気がしてならない。

先日行われたサウジアラビアロイヤルCは、この産駒の馬達の強さが際立った一戦であり、これは新時代の幕開けを予感させるものとなった。

従って、今回の穴馬が常識を覆すような走りを見せても全然驚けないし、ジョッキーも関東所属の割には淀の長丁場を得意としているのが心強い材料である。

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019 菊花賞 考察2】



買える穴馬その2【予想単勝オッズ10倍以上】


中央競馬ランキング
↑↓競馬ブログランキングの紹介欄にて公表しています。中央競馬ランキングの130位前後におりますのでどうぞご覧くださいm(__)m↓↓




菊花賞は神戸新聞杯を経由した馬が、毎年のように1、2頭は絡んでくるレースである。

だから、神戸新聞杯組を中心に馬券を組み立てれば、当たりに近づける事は間違いない。

そんな中で配当的な妙味を求めるなら、神戸新聞杯で連対しなかった馬を狙うのがセオリーである。


特に、先行して差された馬は、本番の菊花賞で巻き返してくるケースが多い。

今回の穴馬は、まさにそのパターンに当てはまるので狙ってみる価値はある。

この馬は阪神コースよりも京都コースの方が相性が良くて、京都コースだと4戦中3回は上がり最速を叩き出している。


この事から分かることは、直線に坂がない方が適性的に噛み合うという事だろう。

それと、この馬の母父は菊花賞馬という血統背景も強調材料かな。

人気もないと思うので、ここは激走に期待したい所である。

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019 菊花賞 考察3】

秋華賞 考察

危険な人気馬その1【予想単勝オッズ10倍未満】


中央競馬ランキング
↑↓競馬ブログランキングの紹介欄にて公表しています。中央競馬ランキングの110位前後におりますのでどうぞご覧くださいm(__)m↓↓


長距離戦はジョッキーで買えという格言があるけど、このジョッキーは菊花賞において溜め殺しを散々やってきた事を忘れてはならない。

溜めれば確かに一発は期待できるけど、これを人気の馬でやられると見てる方としては堪ったもんじゃない


特に、今回の危険馬はスタートしてから行き足がつかないので、どうしても後方に置かれてしまう。

これでは、せっかくの好枠を引いたのに、あまり意味がなくて結局は大外ブン回しをする可能性が高い。


菊花賞は上手く立ち回った馬が上位に来る傾向があるだけに、厳しい戦いが強いられると判断せざるを得ない。



それと、この馬の全兄に皐月賞やダービーで入着した馬がいるけど、最終的にはマイルを中心に使われていたのが気になるかな。

だから、この馬の事を高く見積もっても、2000M前後がベストの可能性が高いと思う。従って、人気になるようだったら、バッサリ切ってしまった方が得策だろう。

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019 菊花賞 直前予想】

【2019 菊花賞 直前予想】


↓中央競馬ランキング参加中です。ポチっと応援宜しくお願い致します。m(__)m


【ウマ太郎の勝負度[C]


京都地方は金土と雨模様だが、日曜は晴れるみたいなので、今週も稍重ぐらいには回復すると思う
だから、道悪適性はあまり考えなくて良いだろう。


さて、恒例の展開予想だけど、今回は何が何でも逃げるという馬が居ないので、非常に難しい。

あえて言うなら、シフルマンとかナイママになるのかな。まあ、何が逃げるにしてもスローペースになる事は、ほぼ間違いないだろう。


ただ、昨年と違って今年は仕掛けの意識が強いジョッキーが参戦してくるので、ラスト800M過ぎからレースは動き出すと予想している。

従って、早めに動いた馬が雪崩れ込むというプランAと、先に仕掛けた馬が総崩れになって後方で脚を溜めていた馬が浮上するというプランBの2パターンが想像できる。

当ブログ的には、馬場の回復が早かったらプランAで、その逆だったらプランBと考えている。

ただし、ブログの性質上レース直前で予想を出す訳にはいかないので、今回はプランAの方にヤマを張って話を進めたいと考えている。


◎①ザダル

ポジションを取りに行ける馬なので、安心して見ていられる。

血統的に長距離タイプではないが、近年の菊花賞はスローからの上がり勝負になるので、あまり関係ないかな。

関東馬は人気になると飛ぶ傾向があるだけに、昨年のフィエールマン同様、丁度いい人気なのも好材料である。

内で脚を溜めて、直線で抜け出すレース運びが出来れば、この馬が勝つ可能性は高いと考えている。。


◯②ニシノデイジー

枠順発表を見て、ルメールの引きの強さを感じてしまった。

何故なら、菊花賞は1枠と2枠が圧倒的に有利だからである。

ただ、対抗に評価を下げたのは、セントライト記念で先着を許したザダルも1枠を引いたからである。

まあ、レースは始まってみないと分からない所もあるので、勝者は好ポジションを取れた者に軍配が上がるという見立てである。


▲④ユニコーンライオン

神戸新聞杯を後方から進めてキレ負けした馬だが、どうも2016年の菊花賞3着馬のエアスピネルとダブる

要するに、トライアルでキレ負けした馬は、本番では一転して先行策を打ってくるという事で、内枠を引いただけにその可能性は大いにある。


それと岩田ジョッキーは仕掛けの意識が強いので、坂の下りを利用して4コーナー先頭なんて姿も目に浮かぶ。


あとは直線で、どれだけ粘り込めるかが焦点となってくるが、スタミナはありそうなので意外とやってくれるんじゃないかと思っている。


△⑫レッドジェニアル

今回は差しの競馬をするだろうから、この枠からは進めやすいと思う。

最後は外を回して直線勝負に懸けると予想するが、この馬は本当に京都コースが得意なので、前で粘っている馬を捕まえられるとしたら、やはりこの馬が筆頭候補になると考えている。


△⑬ヴェロックス

スプリンターズSと秋華賞は内枠に悩まされたジョッキーだが、今回は外枠からの発走なのでレースはしやすいと思う。

ただ、終始外々を回ってねじ伏せるだけの実力があるとは思えない。

ジャスタウェイ産駒が、淀の三千メートルに対応できるかどうかも未知数だし、どれくらいの人気になるかは分からないが、あまり過信しない方がいいかな。

そういう意味では、このぐらいの評価が妥当であろう。


△⑮ホウオウサーベル

淀の長距離戦で数々の実績を残してきたジョッキーだけに、外枠に入ったといえど切るに切れない。

近い位置にヴェロックスがいるので、これをマークしても面白いだろうし、どのように進めてくるかは興味深い。

前走の圧勝劇から、ジョッキーはこの馬に自信を持っていると思うので、強気に乗ってくれば馬券内は十分考えられる。そう考えると、やはり外せない一頭である。



【買い目】
ワイドBOX
①-②-④-⑫
馬連BOX
①-②-④-⑫-⑬
三連複BOX
①-②-④-⑫-⑬-⑮



人気のワールドプレミアは早めに仕掛けた馬達が沈んだら、相対的に浮上してくるのかな。

だけど、馬場は重くならない想定だし、早めに仕掛けた馬達が簡単に止まるとは思えないので、やっぱり差し届かずの4着、5着が濃厚である。

名手スミヨン騎手が乗るヒシゲッコウは不気味な存在ではあるが、今までのレースから判断すると、後方から進めるタイプだし、エンジンの掛かりも遅いので嫌いたいかな。


ただ、こういう馬を馬券内に持ってくるのが、外人ジョッキーの凄い所である。


まあ、それでも今回は来日してからの初G1であるし、ここは様子見が妥当だと思う。

今回の予想は、実をいうと内枠に入った馬達に重い印を打っている。何故なら、今年の菊花賞はクラシックウイナーが不在なので大混戦であるし、そんな状況の中で何で差がつくかというと、結局は枠という事にたどり着く。

この事はあながち間違いではないと思うし、菊花賞の歴史がそれを証明している。

菊花賞は1枠、2枠に拘るのがセオリーだからね。

果たして結果は如何に?

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

877危険な人気馬【マーメイドS】
876危険な人気馬【マーメイドS】
875買える穴馬【マーメイドS】
874買える穴馬【マーメイドS】
873渾身の一鞍【エプソムC】
872ゲリラ予想【函館スプリントS】
871ゲリラ予想【ジューンS】
870ゲリラ予想【大倉山特別】
867買える穴馬2【エプソムC】
866買える穴馬【エプソムC】
865ゲリラ予想【安田記念】
864ゲリラ予想【麦秋S】
863ゲリラ予想【アハルテケS】
860買える穴馬【安田記念】
フリーエリア