FC2ブログ

【2019 安田記念考察1】

安田記念考察1



安田記念のレース傾向


2017年の勝ち馬、サトノアラジンは外から豪快に追い込んできたが、基本的にはポジションが取れないと厳しいレース。

差し、追い込み型が台頭するには2015年2着のヴァンセンヌや、昨年の勝ち馬モズアスコットみたいに、4コーナーでは内目を立ち回る必要がある

今の府中はレースレコード連発の超高速馬場だけに、今年も過去の傾向に合致してくるだろうし、ポジション取りで優位に立てる馬を狙っていきたいと思う。

今年はアーモンドアイとダノンプレミアムの2強ムードだが、この2頭に死角はないのか、本当に信頼できるかどうかを週末までに精査していきたいと考えている。


G1での2強対決は過去にも度々あったが、どちらか一方は馬券外に飛ぶケースは結構ある。

この現象を理屈で説明する事は難しいんだけど、不確定要素の強い競馬では当然のことと言えば当然なのかもしれない。

何故なら競馬に絶対はないからね。
そう考えるとダービーに引き続き、今週のレースも非常に楽しみである。


続きを読む »

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019 安田記念考察2】買える穴馬二頭目はコレ!

安田記念考察②




買える穴馬その2【予想単勝オッズ10倍以上】

ロジクライ
                     ↑↑↑
競馬ブログランキングの紹介欄にて公表しています☺
三連単三連複ランキングの15~20位前後におりますのでどうぞご覧ください🙇⤵  ↓↓↓
三連単・三連複ランキング


ランキング参加しておりまして……ポチっと応援もしてくださると嬉しいです。宜しくお願いします🙇⤵
競馬ランキング

最強競馬ブログランキングへ



この馬のベストバウトは富士Sで、走破時計も優秀だし、2着にも2馬身差を付けていたので、まさに完勝と言っていい内容だった。

このパフォーマンスが出来れば、今回のメンバーは確かに強力だが、通用してもおかしくはないと思っている。

この馬はトップスピードに乗せるのに、ある程度の助走距離が必要で、阪急杯や京王杯SCは内枠が仇となって、スムーズに追えないままゴールを迎えてしまっている。

それに対し、富士Sはマルターズアポジーの離れた2番手を追走し、直線では逃げ馬をかわすだけの絶好の展開となり、エンジン全開の走りが出来たのである。


今回のレースではアエロリットが飛ばし気味に逃げれば、少し距離を置いた番手追走が出来るだろうし、もしもアエロリットが消極的なら、この馬がハナに立ってもいいと思っている。

そういう意味では、
逃げ先行馬の扱いが上手いジョッキーが乗ってくれるのも好材料だと考えている。

何より、富士Sで叩き出したタイムから判断しても、今の高速府中は合っていると思うし、名ジョッキーを背に先行押し切りがあっても、何ら不思議ではないだろう。
関連動画
2018 富士S

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019 安田記念 考察3】危険な人気馬はコレ!

安田記念考察③

危険な人気馬【予想単勝オッズ10倍未満】


ダノンプレミアム
↑↓競馬ブログランキングの紹介欄にて公表しています。三連単三連複ランキングの10~20位前後におりますのでどうぞご覧くださいm(__)m↓↓
三連単・三連複ランキング

ランキング参加しておりまして……下のバナーもポチっと応援もしてくださると嬉しいです。他のブロガーさんの予想も見れますのでどうぞ宜しくお願いします🙇⤵↓
競馬ランキング

最強競馬ブログランキングへ



前走のマイラーズCは、ドスロー過ぎてポジションを取った馬達が上位を独占するという、マイル戦にしては異質なレースとなってしまった。


従って、ハイペースで流れる安田記念において、適性を垣間見せる事が出来なかったと言えよう。

そういう意味では、この馬は未知数な部分が多く、予想オッズ程の信頼感はないと思ってよい。

2歳時のマイル戦で、ステルヴィオとの対戦は2回あったが、ここで着差に注目して見ると、東京競馬場で行われたサウジアラビアRCの方がステルヴィオに詰め寄られているのである

ペース的に朝日杯はスローバランス、サウジアラビアはややハイだった事を考慮すると、やっぱりこの馬はスローの方が得意なんじゃないかと勘ぐってしまう。

そう考えると、ドスローのマイラーズCを楽勝した事は合点がいくけど、安田記念で同じパフォーマンスが出来るかと言えば、疑問符が付くのである。

4歳馬に対し、2歳戦のデータを駆使するのはナンセンスかもしれないが、そこまで遡らないと、この馬は楽なレースしかしていない事が分かる。

以上のことから、現在の人気に見合う程、この馬を信頼できるかと考えた時に、答えはNOであると言っても過言ではない。

関連動画
2017 サウジアラビアRC

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019 安田記念 予想】


安田記念予想するよー!
【ウマ太郎の勝負度[C]

ブログランキング参加中です。
ポチッと応援宜しくお願いします🙇⤵
↓↓

三連単・三連複ランキング


競馬ランキング




今年の安田記念は2強対決の様相を呈しているが、人気2頭が共に外枠に入って、何やら不穏な空気が漂っている。


アーモンドアイは久々のマイル戦で、ポジションが悪くなるかもしれないので、包まれる内よりも外の方が都合がいいだろう。

それに対し、先行したいダノンプレミアムにとって、外枠発走はマイナス要素の方が大きいかな。

ポジションを取りに出して行くと、かかる可能性もあるし、川田騎手は難しいレース運びを強いられそう。


展開予想だけど、アエロリットがT崎ジョッキーに乗り替わったのがポイントで、前走みたいにガシガシ行くとは考えづらく、グァンチャーレを先に行かせる可能性が高いと思う。

その先行2頭の次にダノンプレミアムが追走し、中団待機勢はダノンを目標に仕掛けのタイミングを待つという構図かな。

従って、今年の安田記念はダノンを目標とする、差しタイプの馬に分があると予想する。

アーモンドアイは別格なので、外を回しても届く可能性はあるが、他の差し馬勢はなるべく内目を立ち回る事が必要になってくると思うし、穴狙いはやっぱり定番の内枠から順に拾っていく事がセオリーになるのかな。

続きを読む »

テーマ : 中央競馬(JRA)予想 - ジャンル : ギャンブル

【2019 安田記念 回顧】

レース回顧(負け)


ブログランキング参加中です。
ポチッと応援宜しくお願いします🙇⤵
↓↓

三連単・三連複ランキング


競馬ランキング





安田記念のレース回顧


ロジクライの斜行によって釈然としない結果になってしまったが、競馬には不利がつきもので、特に多頭数のG1では、こういうリスクも覚悟の上で馬券を買わなければならない。

そんな中で、アーモンドアイは怒涛の追い上げで3着に突っ込んできたので、予想の時点でも書いたが、1番信頼できる馬だったと言えよう。


レースを振り返ると、アーモンドアイ以外は4コーナーで内目を立ち回った馬達が、上位を独占していたので、やっぱり高速馬場は内枠有利の傾向があり、来年以降の安田記念も内枠に入った馬達は軽視できないと思ってよいだろう。


⑤インディチャンプ

先ず先ずのスタートを決めて、楽に好位をキープ。


4コーナーでは内を立ち回って、ロスなく進められる最高の展開。直線ではロードクエストが壁になるが、外に横移動して軽くモズアスコットを弾き飛ばす。

そこからエンジン全開の走りで、見事1着を勝ち取った。当ブログ的にはスタートで後手を踏んで、ポジションが悪くなると予想したんだけど、これは全くの見立て違いだった。

前走はスローで掛かってしまったので、今回はペースが淀みなく流れたのも、この馬にとっては理想的な展開になったと思う。

それとコメントをみる限り、左回りが合っているみたいなので、秋のマイルCSでも人気を集めると思うが、絶対の信頼は置けないんじゃないかな。
あまり人気になるようだと、疑ってみてもいいと思っている。

②アエロリット

前走よりかはズブさが解消されてたけど、グァンチャーレがハナに立つ気がなかったのと、やっぱり内枠からの発走が功を奏して、前走よりかは楽にハナを取り切る事が出来た。

ヴィクトリアマイルの時はハナに立つまで、かなりガシガシやってたので、そりゃオーバーペースにもなるし、それに比べ今回はかなり楽だったんじゃないかな。

それとハナに立ってから、変に緩めずに淡々とペースを刻んだのは、T崎ジョッキーのファインプレーだと思う。

そういえば昨年の安田記念もT崎ジョッキーが乗った訳だし、この馬とは手が合うんだろうね。

どこまでコンビ継続か分からないけど、今後もT崎ジョッキーが乗る時は要注意だと思う

⑭アーモンドアイ

スタート後にロジクライに寄られて、5馬身のロスがあったと言っているけど、おいおいルメールさん、それはいくら何でも言い過ぎで、そもそもスタートで出負けしてるから、3馬身ぐらいのロスなんじゃないかと思う。

今回の不利で1番被害を被ったのはペルシアンナイトの方で、この馬こそ5馬身以上のロスがあったように見えた。アーモンドアイはペルシアンナイトに比べれば、まだ挽回できる不利で済んだと思うが、その後の進め方にいささか疑問が残る。

何故かというと、道中でダノンプレミアムの内に入ってしまい、その隊列のまま4コーナーを迎えてしまったのが頂けなかった。

結局、直線で外にいたダノンが邪魔になって、進路探しで右往左往してしまい、完全に前が空くのは残り400Mを切ってからとなってしまう。

勝ち馬は400Mを切る前から進路確保が出来た事を考えると、追い出しが遅れた事が最後の最後まで響いてしまった。まあ、それでも絶望的な位置から、勝ち負けまで持ち込んだ事を考えると、やっぱりこの馬は強いね。

今回は残念な結果となってしまったが、秋のG1は総なめするんじゃないかな。

⑮ダノンプレミアム

当ブログ的に自信の消しだったこの馬が、不利で負けたように思われているのが、今回のレースで1番釈然としない所である。

同じように不利を受けたアーモンドアイが、猛追して3着まで詰め寄っている事を考えると、尚更そう思うのである。しかも、ゴール後に下馬して故障を匂わせたけど、結局馬体に異常がなかったという事で、あれは単なるカムフラージュだったのではないかと疑いたくなる。


今回のレースはT崎ジョッキーが、ラップ偏差のない完璧な逃げを打っただけに、例えダノンがまともにレースを進めたとしても、たぶん掲示板にも来れなかったと思うんだけどね... まあ、真相は闇の中に葬られた形になったが、1番やって欲しくないのは、これを機に電撃引退する事である。

これ以上見苦しい姿を見せると、種牡馬としての価値が下がるので、何かやりそうな気がするんだよね。この疑惑が払拭される為には、いち早くダノンプレミアムの次走報が待たれる所である。

テーマ : 競馬の予想結果 - ジャンル : ギャンブル

877危険な人気馬【マーメイドS】
876危険な人気馬【マーメイドS】
875買える穴馬【マーメイドS】
874買える穴馬【マーメイドS】
873渾身の一鞍【エプソムC】
872ゲリラ予想【函館スプリントS】
871ゲリラ予想【ジューンS】
870ゲリラ予想【大倉山特別】
867買える穴馬2【エプソムC】
866買える穴馬【エプソムC】
865ゲリラ予想【安田記念】
864ゲリラ予想【麦秋S】
863ゲリラ予想【アハルテケS】
860買える穴馬【安田記念】
フリーエリア